HOME>ホットトピックス>治療だけではなく未病も診てくれるクリニック

優しい治療と人の手

蘇我の歯医者は主に、虫歯や歯周病の治療を行いますが、削るのか抜くのか、その判断は歯医者に委ねられます。しかしながら、80歳までに20本の歯を残す運動が推進されていて、虫歯菌の温床となるギリギリを削り、抜歯しない治療が行われています。また、痛みの不安が大きい場合、子どもを受け入れている歯医者を選びましょう。小児歯科を受診させる中で、親が一般歯科を選ぶからには理由があり、優しい治療が行われていることが判断できます。もちろん、子どもに優しいのは治療だけでなく、歯医者、技師や助手などの施術をするスタッフにもいえる内容です。

治療だけでない携わり

歯医者さんに会いに行く、こうしたクリニックが蘇我で評判を集めています。病院の診察に似た雰囲気で、歯の痛みではなく、顎関節症や頭痛、肩こりなど、いわゆる不定愁訴を診察してくれます。一見、歯医者とは関連性のない症状ですが、「噛み合わせ」による影響ということも考えられるそうです。噛み合わせを良い状態に保つために携わってくれます。

噛み合わせを診てくれる

最近、蘇我の歯医者で「歯ぎしり外来」からの患者が増えているといいます。単なる癖とは違い、噛み合わせの状態と深く関わるそうです。歯ぎしりで、歯や歯周組織にダメージを与えてしまった、そうした患者を受け入れてくれます。ちなみに、噛み合わせを治すだけでストレスを軽減できるデータもあるようです。

他とのネットワーク

蘇我の歯医者は、他の医療機関と連携していて支持されています。例えば、逆流性食道炎の患者は歯ぎしりをしているケースが多く、また、逆流性食道炎の治療を同時に進めることで歯ぎしりまでも治った事例もあるようです。差し歯や入れ歯が壊れたり、頭痛の原因が歯ぎしりという場合もあり、総合歯科として機能しています。

広告募集中